ミュージカル キャバレー

17.1.28 ソワレ CABARET 

KAAT 神奈川芸術劇場 ホール


クリックで拡大できます

3階席下手側B5列、ほぼ最後方の座席での観劇。もともと観劇予定無かったが、長澤まさみのエロティックなポスターが気になっていたのと、ミュージカルファン以外からの評価が高いらしいことから急きょ観劇。チケットが高騰しているらしいのも期待大。これも長澤まさみのエロ効果か。

ゲネプロの衣装はこれじゃない感満載だったが、舞台映えしていた。最後方だからかエロさや下品さは感じず。

冒頭、エムシーが脱ぎたがっちゃう女の子を止められず?からおっぱいとお尻を出すシーンがあるが、3階席からはよく観えない。短期公演ということもあるが、3階席でもA席設定の10,000円。すべての列にまるで1列目のような手すり付き。そのおかげで観づらい。角度も急でC席設定の3,500円程度の席では?

周りにはエロ目的で普段観劇しないような人を散見。自分もそう見られてるんでしょうが。観客は他ミュージカルと比べるとやや男性率高いかも。そのような層が期待するようなエロシーンが冒頭以外それほどでもないからか、というか観劇慣れしていない層が明らかに多く、上演中に缶ビール飲んでたりスマホ見てたり・・・

石丸さんの客いじり、インフルエンザ→「帰って」じゃないが、帰って!!

今回の観劇では劇団四季「オペラ座の怪人」の座席確認の意味も。劇場天井は高く、シャンデリアが上がっていくのは1階席から観劇したら壮観か。その反面、3階席からだと、シャンデリアが邪魔に感じそう。エンジェル像も設置できそうだが、ファントムがそこまで登る舞台機構にはなっていないでしょうし。オケピも無い?座席潰して生オケにしてくれるんでしょうか。

そういえば、劇場前は早くも「オペラ座の怪人」仕様。劇中もアドリブなのかオペラ座にふれていました。チラシはなかったと思うが。どうせなら、石丸さんにもラウルネタやってもらいたかった。が、撮影が入ってるからできなかったのか?

もしかして映像化するのかな。ただの資料映像とは思えないカメラであったが。映像化するとおっぱいのシーンがある舞台という意味では貴重かも。内容的には?

石丸幹二さんがひとり「ジョーカー」のよう。このまま「The Dark Knight」ミュージカル化できそう。ナチスがらみのところでタバコを吸うシーンは立っているだけで鳥肌もの。舞台セットとサックス演奏では「思い出を売る男」。意識的に演出したんでは。初見なんで、オリジナル演出知りませんが。石丸さんの歌は別格。というか、あえて全体的に演技派を揃えてきたんでしょう。

処女という奇病・・・とか引っ越し→シバくぞとかちょっと前の時事ネタ?的なのも突っ込むのは松尾さん演出。オーケストラだって意外に美しい。オケの人も演技したりキャバレー的な衣装。この演出は素晴らしい。オケの女性比率高く、露出も高い。

帰りに中華街に寄れるのがKAATの魅力。ソワレだと22時前ですが。

男性アンサンブル女性アンサンブル
サリー・ボウルズ長澤まさみ片岡正二郎丹羽麻由美
エムシー石丸幹二花井貴佑介香月彩里
クリフォード・
ブラッドショー
小池徹平羽田謙治谷須美子
ミスター・シュルツ
マックス
小松和重齋藤桐人エリザベス・マリー
エルンスト・
ルートヴィッヒ
村杉蝉之介乾 直樹田口恵那
ミス・コスト平岩 紙楢木和也永石千尋
ミス・シュナイダー秋山菜津子船木 淳 
 笹岡征矢 
 岩橋 大 
   
 演 出松尾スズキ
 
 指揮
アコーディオン
八木淳太

 

ミュージカルランキング
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ミュージカルへ
にほんブログ村